岩手県北上市の歯科クリニック スマイリーキッズデンタルケア

ご予約・お問合せはこちら

0197-65-6011

おとなの予防歯科

何かあったら歯医者に行けばいい・・
その考えは間違いです

何かあったら歯医者に行って治せばいい、一昔前はそんな考えの方も多くいらっしゃいました。さらに、年をとったら歯を失うのは仕方ない
と考える方も多いのですが、実際は歯周病とむし歯のお口の病気によって失うことが大半です。
つまり、むし歯や歯周病にならなければ歯を失うこともないということです。

 

予防歯科に積極的に取り組んでいるスウェーデンでは、80歳になった時にほとんどの人が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持しています。これは、国の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えを採用し、子どもの時から歯の健診が当たり前、歯の健康づくりが生活習慣として定着しているからです。日本人にもその習慣が身につけば歯を守ることができるのです。

生涯の医療費にもこんな差が!

定期的に歯科医院に行くのは面倒だし、その都度費用もかかるから…とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ある歯科医院で統計を取ったところ、痛くなってから歯科医院に行き治療を繰り返す方よりも、定期的に通院してきちんとメインテナンスを行った方のほうが約300万円も治療コストがカットできることが分かりました。(山形県:日吉歯科診療所 調べ)

治療を繰り返す方は、歯を失うリスクも高くなります。歯を失ってしまった場合、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、高額な治療費が必要になるため、生涯を通しての治療費は高くなってしまうのです。

効果的な予防ケアを行うために

“プロフェッショナルケア”と“セルフケア”のWケア

「歯科医院でクリーニングしたから自宅での歯磨きは適当でもいいや…」「毎日しっかり歯磨きしているからわざわざ歯医者に行かなくてもいいや…」そんな考えはNGです。
定期的に歯科医院にお越しいただき、口腔状態のチェックやクリーニングを行う「プロフェッショナルケア」と、毎日ご自身で行う歯磨きなどの「セルフケア」、この両方をしっかりと行うことで予防の効果が高まるのです。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

 P M T C(専用の器具を使ったお口のクリーニング)

磨き残しや歯ブラシでは磨けない歯と歯ぐきの小さな隙間を、専用の器具を使用してクリーニングします。お口の中を徹底的にきれいにして、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布など)を利用するため、歯に汚れがつきにくくなり、予防にも効果を発揮します。 痛みもなく、まるでエステを受けているような気持ちの良い施術で汚れが落ち、歯本来の白さも戻ります。

歯磨き指導

個々に合わせた歯みがきの方法から歯ブラシの選び方まで、ご自宅でのセルフケアをより効果的に行えるようにしっかりサポートします。

口腔検査・唾液検査

最適な予防プログラムをご提案するために、歯や歯ぐきの状態などをしっかりと検査し、口腔内の状態を正確に把握します。

スケーリング(歯石とり)

歯みがきだけでは除去できない歯石を専門の器具を用いて徹底的に除去していきます。歯石は歯周病の原因となるため、しっかり除去しましょう。

ご自宅で行うセルフケア

歯磨き

自分では毎日しっかりと磨いているつもりでも、磨きグセや、ながら磨きなどで磨き残しができている方がほとんどです。逆に、しっかり磨こうと必要以上に力が入りすぎて、歯や歯ぐきを傷めてしまっていることもあります。 まずは歯科医院で自分に合った歯ブラシや歯みがきの方法をレクチャーしてもらい、正しいセルフケアに取り組みましょう。

Point

毛先の開いた歯ブラシを使い続けてはいませんか?歯ブラシの交換は1ヶ月に1本が目安です。
汚れをしっかりと除去するためにも、常に磨きやすい状態で歯みがきを行いましょう。

フッ素配合の歯磨き剤

歯みがきをより効果的なものにするためにも、歯みがき剤はフッ素配合のものがおすすめ。歯質の強化や虫歯の発生・進行を防ぐ効果があります。

歯間ブラシ・フロス

通常の歯みがき後には歯間ブラシやデンタルフロスで、歯ブラシでは届きにくいような歯と歯の小さな隙間まできれいにしましょう。

マウスウォッシュ・ジェル

就寝中はだ液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすくなります。歯みがきの仕上げにマウスウォッシュやフッ素ジェルで殺菌、歯質強化を行いましょう。

▲上に戻る