岩手県北上市の歯科クリニック スマイリーキッズデンタルケア

ご予約・お問合せはこちら

0197-65-6011

マタニティ歯科

生まれてくるお子様へのマイナス1歳からの虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にむし⻭菌はおらず、赤ちゃんと接する大人、特に一番身近で接するお母様から、お子様にむし⻭菌をうつしてしまうケースが最も多いと言えます。

むし⻭菌を持っているだけでむし⻭になることはありませんが、食生活や習慣、その子の持つ⻭や唾液の力の強さなどとのバランスから虫⻭が生じます。逆に言えば、生後すぐの無菌状態をなるべく保ち、そもそものむし⻭菌の量を抑えられれば、むし⻭を防ぎやすいお口づくりができると言えます。

また、最近の研究では妊婦さんの⻭周病が、早産、流産、低体重児のリスクを増大させることがわかってきました。

安全な出産とお子様の健康を守るために、妊娠中にむし⻭や⻭周病の治療、お口のケアなど、細菌のコントロールを始めましょう。

 

 

お母さんに虫歯があるとお子さんの虫歯リスク高くなります

このグラフは、2歳児のむし⻭発生率を母親にむし⻭がある場合とない場合で比較したものです。

母親にむし⻭がある場合の方が、お子さまのむし⻭発生率が圧倒的に高くなっているのが一目瞭然です。

生まれてくるお子様を生涯むし⻭から守るためには、生まれる前=マイナス 1 歳からのむし⻭予防、つまり、ご両親をはじめ周囲の方のお口の中を健康に保ちお子様にむし⻭菌をうつすリスクを少しでも減らすことが大切です。

妊娠中に起こりやすいお口のトラブル

妊娠によるホルモンバランスの変化の影響や、つわり・嘔吐などによって妊婦さん特有のトラブルが起きやすくなっています。

また、通常のむし⻭や⻭周病のリスクも高くなるため、そのままにしておくとお子さまへの影響も心配されます。

妊娠中は体調が第一ですが、なるべく普段と変わらないお口のケアを心がけるようにしましょう。不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

むし歯・歯周病

つわりがひどく⻭磨きがいつも通りできなかったり、嘔吐による胃酸で⻭の表面が弱くなります。そのため汚れが付着しやすくなり、通常よりむし⻭や⻭周病のリスクが高くなってしまいます。

妊娠性歯肉炎

妊娠中は急激にホルモンバランスが変化するため、⻭茎からの出血や腫れが生じます。通常の⻭肉炎のように痛みを感じにくいため気づくのが遅れ、症状が悪化する恐れもあります。

妊娠性エプーリス

妊娠による女性ホルモンの増加が原因で、⻭茎がコブのように膨らむことがあります。大体が良性で出産後に自然になくなりますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

こまめなケアでお口のトラブルを防ぎましょう

就寝中は唾液の分泌量が減るため、お口の中は細菌が増殖しやすい危険な状態になってしまいます。
起床後はうがいや歯磨きをして増えてしまった細菌を減らしましょう。むし歯はもちろん、口臭の予防にもなります。また、就寝前や食後の歯磨きも大切です。こまめにケアして清潔な口腔環境を保ちましょう。
つわりがひどい時は、歯磨きも辛いと思います。
そのような時は無理をせずにこまめなうがいでお口の中の汚れを洗い流しましょう。
フッ素の配合された洗口剤(マウスウォッシュ)を使っていただくと、より効果的です。
つわりの症状が落ち着いてきたら通常と同じ歯磨きでお口を清潔に保ちましょう。

妊娠中の最適な治療時期

妊婦さんの健康はもちろん、生まれてくる赤ちゃんのためにも歯科検診は必須です。
妊娠中期の安定期はお腹の中の赤ちゃんの状態も安定しており、通常のむし歯・歯周病治療やお口の中のクリーニングも可能ですので、安定期になったらまずは歯科医院にお越しください。
痛みなどの自覚症状がなくても、お口の中の検診やクリーニングでしっかりとケアすることが大切です。
妊娠後期になるとお腹が大きくなり、診療チェアに横たわるだけでも辛くなったり、出産後は子育てで時間が取れず、治療の機会を逃しやすくなってしまいますので、それまでに一度ご来院されることをおすすめします。


妊娠初期4ヶ月(15週)まで

治療はできるだけ安定期から行うようにしています。妊娠4〜8週目は特に慎重に診療し、12週目までは極力、診査・治療計画と歯みがき(ブラッシング)指導までにとどめますが、歯の痛みや歯茎の腫れといった急性症状がある場合は応急処置を行います。


妊娠中期5〜7ヶ月(16週〜27週)

胎児が胎盤により安定する妊娠中期は「安定期」とも呼ばれ、この時期は通常のむし歯や歯周病などの歯科治療、投薬、レントゲン撮影なども可能です。妊娠初期に応急処置に留めていたの治療なども、この時期にすすめて行きます。


妊娠後期8ヶ月(28週)以降

大きくなったお腹で仰向けの体勢になると静脈が圧迫されて血圧が低下してしまう恐れもあります。長時間の処置や治療は避け、お口の中を清潔に保てるようにクリーニングなどのケアをさせていただきます。急性症状がある場合は初期のように応急処置までに留めます。
治療が必要な場合は、出産後に改めて治療を再開していきましょう。

マタニティマーク
妊娠中の受診にあたって

受診時には母子手帳をお持ちください。また、産婦人科の担当医から注意を受けていることがありましたら、些細なことでも治療前に歯科医師やスタッフにお伝えください。 また、なるべく楽な姿勢で無理なく診療を受けていただけるよう配慮いたしますが、体調が悪くなったり気分が優れない場合は無理することなくすぐにスタッフへお申し出ください。

よくあるご質問

妊娠中のレントゲン撮影は、赤ちゃんには影響ありませんか?
⻭科で使用するレントゲンは口元だけをピンポイントで撮影するため、医科用のレントゲンよりも被ばく線量を大幅に軽減できます。また、撮影時にはX線を遮断する防護用のエプロンを着用していただきますし、お腹からも距離があるので妊婦さんも安心してレントゲンを撮影していただけます。
麻酔治療はお腹の赤ちゃんに影響しませんか?
⻭科治療で主に行うのは、お口の中、さらに限られた部分だけの局所麻酔です。一般的な手術の麻酔とは違って薬液の使用量も少なく、注射をしたその部分で分解されてしまいますので、 母子ともに心配するような影響はありません。
授乳中ですが、母乳へ影響しませんか?
レントゲン撮影や麻酔治療が母乳に影響を及ぼすことはほぼありません。治療内容により痛み止めなどの飲み薬を処方することもありますが、授乳中であることをお知らせいただければ、薬を飲むタイミングなどもご案内します。麻酔後や服薬後は5時間ほど時間をあけることで薬が体外へ排出されますので、その後に授乳していただければ安心です。
産婦人科で歯のお掃除やクリーニングを勧められましたが、必要なのでしょうか?
妊娠中はひどいつわりでお口のケアがいつも通りにできなかったり、嘔吐による胃酸が⻭の表面を弱くしてしまうことがあったりと、むし⻭・⻭周病のリスクが普段より高くなってしまうので、⻭科医院にてお口のクリーニングを受けていただくことがおすすめです。受診は通常の治療が問題なくできる「妊娠中期(安定期)」が最適です。
処方された薬を服用しても大丈夫でしょうか?
当院では、妊娠中の方へのお薬の処方はできるだけ控えておりますが、もしどうしても処方が必要になった場合も、妊娠の時期や状態・体調などから最も安全性が高いと認められたお薬を厳選していますのでご安心ください。

▲上に戻る