岩手県北上市の歯科クリニック 古山歯科医院

ご予約・お問合せはこちら

0197-65-6011

シャイニーキッズプログラム

3歳~6歳のお子様向けプログラム

3歳~6歳のお子様向けプログラム

自分の歯は自分で守ろう!

検診でむし⻭がないと言われても隠れむし⻭があるかも!?

むし⻭がないように見えても実はむし⻭が隠れていることがあります。特に⻭と⻭の間は要注意で、お口の中を覗いてもほとんど見えないためレントゲンで確認しないと見つからないことが多くあります。

⻭の表面は体の中で一番硬いエナメル質でおおわれていますが、子どもの⻭(乳⻭)のエナメル質は大人の⻭(永久⻭)の半分しかないのでむし⻭の進行がとても早いです。その下の柔らかい象牙質まで入るとむし⻭は一気に広がってしまいます。

3歳以降は「奥⻭の溝」・「奥⻭の⻭と⻭の間」・「6歳臼⻭」のように見えにくい場所にもむし⻭ができやすいため、仕上げ磨きの際は注意してみてあげましょう!

また、穴は小さくても中で大きくむし⻭が進行しているケースがあります。

3歳になって撮影ができるようになったら一度レントゲンで確認をしましょう。

お子さまをむし歯から守るためのPoint

point1おやつに注意!

幼稚園や保育園に通うようになり生活リズムが安定してくる時期ですが、それと同時に甘いものについ て無防備になりやすい時期でもあります。

3歳ぐらいになると、いろいろなおやつを口にし始めます。甘いものをどんどん欲しがり、しっかりコントロールできていないとたちまちむし⻭ができてしまう事もあります。まずは、おやつの内容を「むし⻭になりにくいおやつ」に変えることが大切です。おやつ=甘いものというイメージがありますが、お子さまにとっておやつは三食では補いきれていないエネルギーを補うものです。おにぎりや旬のお野菜・フルーツやお茶をあげることが食育といった点からもベストです。甘い物が大好きなってしまうと同時にむし⻭になるリスクも高くなるので、たまにお楽しみとして与える程度にすることがむし⻭予防に繋がります。

point2毎日の仕上げ磨き!

お口のケアの基本は毎日の⻭磨きです。この頃から「朝・昼・晩」の3回の⻭磨きをする習慣をつけてあげましょう!ただ、お子さまひとりでお口の中の汚れをしっかり落とすことは難しい時期です。

むし⻭になりやすい就寝時間の前に保護者さまが仕上げ磨きをしっかりとしてあげて下さい。

また、フロスで⻭と⻭の間の お掃除をしてむし⻭予防の効果を高めます。

point3キシリトールとフッ素の使用

キシリトールはむし⻭予防にかなり有効です。

天然素材甘味料で安全、プラークの中のミュータンス菌を減少させ、むし⻭の原因となる酸を作らせな い働きがあります。そして、フッ素は⻭を強くする大きな味方です。フッ素入り⻭磨き粉を毎日使用して⻭を強くしましょう。また、⻭科医院でしか塗れない高濃度のフッ素塗布も定期的に受けるようにしましょう。

歯並びを悪くするような癖はありませんか?

  • お口がいつもポカンと開いている(口呼吸)
    口呼吸を続けると、口の中が乾燥します。唾液の分泌不足は口内に細菌が繁殖してしまいます。
  • 指しゃぶりをしている・ほおづえをつく・姿勢が悪い
    乳歯の奥歯が生える頃にこのような癖があると、上下の歯が噛み合わなくなることがあります。
  • 舌の癖
    舌がいつも同じ歯を触っていたり、押す癖がついていると、
    歯並びが悪くなることがあります。
正しい舌の位置

舌の先が上の前歯の後ろで、舌の広い部分が上あごの口葢(天井の部分)に軽く付いている状態。

この時期は骨格が成⻑している時期です。

指しゃぶりやほおづえ、舌のクセなどがあると⻭列を乱してしまいがちです。

気になるクセに気づいたらなるべく早く直してあげましょう。

むし⻭や⻭並びの乱れなど気になる症状がありましたら、お早めにご相談下さい。

3歳~6歳の方が来院時に行うこと

お子様へ

保育士によるアクティビティ

医院の雰囲気やスタッフに慣れてもらい「⻭医者=楽しいところ」と思っていただけるようにリズム遊びや絵本の読み聞かせをながら⻭医者に来るお友だちとコミュニケーションをとり楽しんでもらえるような環境作りをします。お口のケアを行う前に行います。

歯医者さんに慣れる練習

いきなりお口の中を触られたら、お子さまはびっくりしてしまいます。まずは、私たちスタッフと仲良くなるところから初めていきます。また、⻭医者さんで使う器具を実際に触ってもらい遊び感覚で慣れるトレーニングを行います。

むし歯・歯ぐきのチェック

むし⻭の有無や⻭ぐきの健康状態を確認します。

歯磨き指導

⻭磨きも自分でできるようになる頃です。

保護者の方による仕上げ磨きは必要ですが、正しい⻭磨きの習慣がお子さまに身に付くようお伝えします。

クリーニング

磨き残しの確認をします。

また、専用の機械を使って⻭の表面を磨いたり、⻭石落としを行います。※お子さまの状態に合わせてクリーニングの内容は変更します。

シーラント

⻭ブラシが届きにくい奥⻭の溝を⻭科用の特殊なプラスチックで埋める処置です。汚れがたまりにくくなるため、むし⻭予防に効果的です。

フッ素塗布

フッ素を⻭に塗り、むし⻭に抵抗できる強い⻭を作ります。

むし⻭の予防効果はもちろん、ごく初期のむし⻭であれば再石灰化の促進により自然修復することができます。※年齢に応じて低濃度のフッ素を使用します。

保護者様へ

生活習慣指導

日頃の生活習慣がお口の環境を左右します。

お子さまのお口の健康を守るため、保護者の方には間食についてや食事の内容などについてお話しします。

仕上げ磨きの指導

お子さま一人ひとりのお口の中の状態に合わせて仕上げ磨きのポイントをお伝えしながら一緒に練習していきます。

3歳頃から1人で診察室に入れるように
促していきます

自分の⻭は自分で守るという自立心を育てるため、3歳頃から1人で診察室に入れるように促していきます。また、むし⻭を作らない為にはどうしたらいいか、保護者の皆さまと一緒に考えていきながらお子さまのお口の健康を共に守っていきましょう。お困りのことがありましたら、お気軽にお声がけください。

▲上に戻る