岩手県北上市の歯科クリニック 古山歯科医院

ご予約・お問合せはこちら

0197-65-6011

一般歯科

むし歯治療

なるべく削らない・抜かない治療

なぜ、むし歯になるのかご存知ですか?

虫⻭は、⻭質、細菌、食べ物の 3 つの要素に時間の経過が加わることでできると言われています。
⻭垢(プラーク)に含まれている細菌(ミュータンス菌) が食べ物の糖分やタンパク質を分解し、その際に排出され る酸などが、⻭のエナメル質やカルシウム、リンなどの成 分を溶かして虫⻭の原因となってしまいます。
「甘いものをたくさん食べているし、⻭みがきもしていないけど虫⻭になったことはない」そんな人は、もともと口腔内の細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻す「だ液」の働きが強く、⻭質そのものが強い性質をもっているといえます。
つまり、虫⻭のなりやすさは個人差があるので、他人が大丈夫だからと言って、自分も同じことをしても大丈夫とは言えないので注意しましょう。

歯質
むし歯になりやすいかどうかを左右する歯質は個人差がありますが、元々の歯質を強化することはできます。歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するために、よく噛むことが大切です。
糖分
時間を決めずにだらだら食べたり間食が多いと口の中が酸性に傾き、むし歯になりやすい口腔環境を作り出します。砂糖の少ないおやつを選んだり、間食の時間を決めてバランスのとれた食生活を送るようにしましょう。
細菌
菌の塊である歯垢(プラーク)は歯科医院で定期的に除去する必要があります。また、むし歯の原因となる細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物配合の歯みがき用品も有効利用してください。
むし歯はこのように進行します
痛みがなくなったからといって油断してはいけません

神経が死ぬと痛みを感じなくなりますが、⻭の根(神経)の先にはどんどん細菌と膿がたまっていき、炎症が起きてしまいます。そこから全身に細菌が侵入して全身疾患を発症する恐れも...。
お口の病気は身体の健康と密接な関係にあります。定期的に⻭科を受診して虫⻭の早期発見・治療を心がけ、虫⻭にならないように「予防」するためのケアをしっかりと行っていきましょう。

初期むし歯(C O)の場合 「削らずに再石灰化を促す」

ごく初期の虫⻭は、虫⻭菌が出した酸により溶け出たカルシウムやリンといった成分が⻭の表面に戻ることで起こる「再石灰化」を促進することで自然治癒ができるため、⻭を削らずに治療することが 可能です。
再石灰化を促進させるためフッ素塗布を行い、患者さまに合った⻭みがき方法と適切な口腔ケアについて指導を行います。

進行したむし歯(C1、C2)の場合 「詰め物で補う」

エナメル質に達した虫⻭(C1)、象牙質に達した虫⻭(C2)は、自然治癒作用だけでは回復ができないため、虫⻭を削り、詰め物 (CRやインレー)をする必要があります。
保険を中心に様々な被せ物・詰め物をご用意しており、それぞれの材料のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

進行したむし歯(C3)の場合 「根っこの治療を行う」

虫⻭が⻭の内部:神経や血管が入っている「根管」にまで進行してしまった場合、細菌に侵された⻭髄(神経)を除去するために「根管治療(⻭内療法)」を行う必要があります。 ⻭を削り、細菌や、細菌に感染した⻭髄を取り除き清掃し、消毒液で洗浄したのち、充填剤(抗菌のお薬)をつめる事で、細菌の再侵入を防ぎます。
充填剤が⻭の根の中に完全に入っていることが確認できたら、土台となるコアを入れ、被せ物(クラウン)を装着します。

治療をした後は再発させないこと!

虫⻭になった⻭を削り、被せ物や詰め物をして、また噛めるようになって一安心。『よーし、もう二度と虫⻭にならないようしっかり磨くぞ!』と思い一生懸命、⻭ブラシやフロスでケア。でも、⻭医者に通わなくなってしばらくすると、油断してついついケアをサボってしまう。

そうして何年かすると『何だか⻭が痛い...?もしかしてまた虫⻭!?』みなさんはそんな経験はありませんか? そうなんです。虫⻭は再発するのです。虫⻭ができたらまた削って詰めて...と繰り返すことで、詰め物はどんどん大きく、かわりに自分の ⻭はどんどん減っていきます。 ⻭は削れば削るほど寿命が短くなっていきます。(かといって虫⻭を放置すると⻭の寿命はもっと短くなってしまいます。)そんな悪循環に陥ってほしくない!⻭は一度削ってしまえば二度と再生することはありません。そのため当院では、不必要に大きく削って⻭の寿命を縮めることの無いよう「MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療」に取り組み、治療後は虫⻭が再発しないように予防ケアに取り組んでいます。

予防について詳しく見る

歯周病治療

成人の8割以上がかかっている病気

日本人が歯を失う1番の原因は何だと思われますか?
多くの方は「むし歯」と思われがちですが、実は第1位は「歯周病」なんです。 歯周病はむし歯などと違って痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づいた時には症状が進行していて、手遅れになっているとっても怖い病気です。 当院では、そんな歯周病の治療及び予防ケアを行っています。

気づかない間に進行してしまう歯周病

歯周病は、まずは歯茎が赤く腫れる「歯肉炎」から始まります。
はじめは痛みもないためついついそのまま放置しがちですが、時間が経つにつれ、徐々に「軽度歯周炎」へと進行し、歯を支えている歯茎や骨を破壊しながら「中等度歯周炎」、さらに「重度歯周炎」と進行、悪化していき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。ほとんどの場合は痛みなく進行するので、気付いた時には、1本の歯だけにとどまらずお口の中全体に細菌感染が広がってしまうのです。
自覚症状がないまま静かに進行していくことから、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれる恐ろしい病気です。

歯周病と全身疾患の関係性

歯周病をたかが口の病気と考えてはいませんか?
歯周病の原因菌が血流に乗って全身をめぐることで、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、妊婦さんの早産など、深刻な全身疾患を引き起こす原因となります。
痛くないし、お口だけの問題だからと治療を後回しにしたりケアを怠ると、健康寿命を縮める恐れもあるのです。また、歯を全て失ってしまった人はうつ病になるリスクが高いという研究結果もあります。歯を失うことで、以前のように好きな物を美味しく食べてり、仲の良い家族や友人と楽しくおしゃべりすることができなくなります。それはとても辛いことです。歯を失うことは心身の健康にも大きな影響を及ぶすということです。

糖尿病
歯周病と糖尿病、特に関係の無さそうなこの2つの病気は実はとても密接に関係しています。糖尿病の方は歯肉炎や歯周炎になっている人が多いとされています。また、お口の中の歯周病原菌が増えると糖尿病の症状が悪化するということが調査報告から判明しています。
そのため、糖尿病の治療で歯周病が、歯周病の治療で糖尿病が改善されると言われています。
歯周病は糖尿病と同じ「生活習慣病」です。いまの生活を見直すことで健康状態を改善していきましょう。
動脈硬化・心臓疾患
歯周病菌が血流に乗って血管へ入る際の刺激で、動脈硬化を引き起こす物質が出るという研究結果があります。
その動脈硬化により、血管が狭くなったり、血管内にできた沈着物で血液の通り道がふさがってしまい心臓疾患を引き起こすともあるともいわれています。
不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの要因に加え、歯周病を放置することも、命の危険にも大きく関わってくるのです。
生まれてくる大切な赤ちゃんを守るために

歯周病菌が血流に乗って血管へ入る際の刺激で、動脈硬化を引き起こす物質が出るという研究結果があります。
その動脈硬化により、血管が狭くなったり、血管内にできた沈着物で血液の通り道がふさがってしまい心臓疾患を引き起こすともあるともいわれています。
不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの要因に加え、歯周病を放置することも、命の危険にも大きく関わってくるのです。

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合 「スケーリング」

歯垢(プラーク)が石灰化してできてしまう「歯石」は、通常の歯みがきでは落とすことができません。
歯科医院でスケーラーという専用の器具を用いて「スケーリング」を行い、歯石や歯垢を徹底的に除去することで歯をきれいにする必要があります。 スケーリングは歯の表面をツルツルにするため汚れがつきにくくなり、歯周病の発生・進行(悪化)を抑制・予防する効果もあります。

中度歯周病(歯周炎)の場合 「ルートプレーニング」

上記のスケーリングだけでは除去するのが難しい歯垢や歯石というのもあります。歯茎の奥に隠れた見えない歯の根にまで付着しているものです。それらを除去するためには、スケーリングに加えて「ルートプレーニング」という治療が必要です。
歯の根や歯周病菌に感染した歯質などを特殊な器具を用いて除去します。スケーリングと同じくルートプレーニング後も歯や歯の根の表面もツルツルになるので、汚れの付着防止効果が高まります。

重度歯周病(歯周炎)の場合 「歯周外科治療」

スケーリングやルートプレーニングだけでは状態が改善されない場合、歯周病の状態が重度まで進行していると考えられます。重度まで進行してしまった場合は、歯周病により溶けてしまった骨の回復を行う「歯周組織再生治療」など、外科的な処置を行う必要があります。

歯周病は“ならない”ように、予防するのが最も大事!


上記のように歯周病には様々な治療法がありますが、そもそも歯周病にならなければ治療をする必要はありません。毎日正しい歯みがきで丁寧に歯垢を取り除き、定期的に歯科医院を受診して、歯石除去や歯の健康チェック、正しいブラッシングや生活習慣に対する指導を受けて、歯周病にならないように予防することを心がけましょう!

予防について詳しく見る

▲上に戻る